FAAP実践するなら外注募集は順番にやるべきだったと学ぶ

 

あまりにも低い単価での仕事なので、そんなに集まらないだろうと考えて

いたのに、予想に反して継続して応募はやってきてます。

 

ですが…当然中にはお断りする人もいるのでまだまだ募集します。

ただ、もうネタレベルに色々な方がいるなと勉強の日々。

 

外注さんに仕事を依頼する以上は指示の出し方をしっかりと考えて

いく必要があると実感! でも予想外の事を質問されたりするので

日々進化している気がする(笑)

 

FAAPのマニュアルを読んでいるだけの状態と、実際に行動してみる

のとはやはり全く違います。

 

そして…やはりFAAP(フルオートメーションアドセンスパッケージ)の

マニュアル通りにしっかりと作業すれば問題ないです。

 

そう、自分勝手に作業すると後から焦る事に…私みたいに(汗)

 

まず、キーワードの外注さんを複数人集めてからタイトル外注さんの

募集にかかること。

 

キーワード収集は重要な部分なので、自分で作業して600個程度集まった

時点で先にタイトル外注さんを募集してしまった為に、今になって

タイトル外注さんが第1回目の募集人数5人に達してしまい、キーワードの外注さん

はまだ1人しか契約できていない状況に。

 

これはまずい!(苦笑い)

というのも、クラウドワークスでこれだけ単価の安い仕事にそんなに次々

応募なんて来ないだろうから、自分でキーワード収集の作業をしながら

のんびり募集かな…?なんてすごいザックリ計算で進めていたからです!

ビジネスなのになんてことだ(笑)

 

当然、私のキーワード収集作業は残念ながら5人のタイトル作成の外注さんに

バシバシ仕事を依頼できるほどはやくもなく。。。

 

自分でキーワード収集していても、まず最初はキーワード収集の外注さんを

募集すること。これが基本ですね。(当たり前の事ですが…)

 

仕事に応募する方は本当に色々な方がいますが、しっかりと外注さんを

こちらで選べば特に問題はなさそうな感じです。(今のところ)

 

今現在の進行状況は

*キーワード収集の外注さん1人契約(2人契約の合意待ち)

*タイトルつけの外注さん3人契約(2人契約検討中)

 

タイトル付けの外注さんは一旦募集を終了したので、これからしばらく

キーワード収集の外注さんを募集。

 

今月中にライターさん募集して実際に記事を仕上げてもらう為に

作業継続~!